除毛クリームと抑毛クリームは上手く活用しましょう

ムダ毛の処理をしているとすべすべの肌を保つ事が出来て、女性としての魅力アップにもなり、脱毛を始める女性はとても増えています。
サロンに通うとコストがかかってしまってお小遣いが足らない!という場合でも自分で出来る方法があるのも嬉しいですよね。
ムダ毛の自己処理をする場合に多く用いられるのが脱毛クリームになると思いますが、上手く使っていく上で基礎知識は知っておきたいですよね?
では、脱毛クリームについて調べていきましょう。

クリームには除毛・抑毛があるけど違いはあるの?

脱毛の自己処理の手段としてクリームを使う方法はとても簡単で使いやすいと評判がよいです。
塗って少し時間を置いて洗い流すものもあれば、拭きとるだけでOKというものもあります。
市販で売っている為、気軽に脱毛をスタートする事が出来る点でも人気があるのです。
しかし、除毛クリームがあったり、抑毛クリームがあったりとどちらも同じなのかな?と思ってしまい片方だけを選んでしまうケースもあるのですが実は全く違うクリームになります。
除毛クリームは名前の通り、毛を取り除くというクリームになり、抑毛クリームとは毛を生えにくくするものなのです。
抑毛クリームを塗ると、毛穴に染み込み毛根へ届き、毛の生えるスピードを遅くするもので、クリームだけではなく、ローションの商品もよく見かけるでしょう。
では、除毛クリームにはどのような働きがあるのか調べてみましょう。

除毛クリームはどんな働きをするの?

除毛クリームには毛を溶かすという力があり、タンパク質に反応するアルカリ性成分が除毛クリームには含まれています。
なので、除毛クリームを使うと、生えている毛の部分だけが除毛されます。
感覚的には、カミソリなどで剃った時のような表面だけの毛が取り除かれるというイメージがしやすいと思います。
これを知ると、除毛クリームと抑毛クリームは全く違うものだ!という事が分かりましたね!
では、除毛クリームを使う事でメリットやデメリットはあるのでしょうか?

除毛クリームにはメリット・デメリットはあるの?

除毛クリームは毛を溶かすという効果があるので、カミソリで剃った時よりも生えてくる周期が遅くなるのでケア回数を減らす事が出来ます。
それは、肌の表面よりも少し深い所まで毛は溶け、また形も丸みを帯びたまま除毛されるので、チクチクという感覚もマシになります。
しかし除毛クリームは永久性はないので、生えてくる度に処理は必要になります。
また除毛クリームは成分が強い為、顔やデリケートゾーンへの塗布は出来ません。
見える所や、デリケートゾーンは脱毛でも特に人気のある場所ではありますが、肌荒れなどのトラブルを起こしてしまう可能性もあります。
また、敏感肌の人だと腕や脚でも肌が荒れてしまうという事もある為、使う時にはまずパッチテストなどがおすすめです。

これで納得!除毛クリームの基礎知識

除毛クリームと抑毛クリームの違いはもう分りましたね。
除毛クリームを使いながら、抑毛のローションなどを併用すると効果は増す事でしょう。
また、肌トラブルを起こさない為にも自分に合った脱毛方法を見つけるという事も大事だと思います。

関連記事▼